すべて幻想であるならば

時々いただくご質問に「すべてがイリュージョンで、全部が決まっているならばもう何もしなくていいのでは?」「源も幻想だと言う人がいますがそうなんですか?」というものがあります。

わたしは目の前いる小さな3つの犬の命が幻想だとは思っていません。

家族も、母も、弟家族も皆わたしの目の前で精一杯生きています。

でも、仮にそれらがすべて幻想だとするならば、そのカラクリを解いていくのは自分です。

本当にイリュージョンなのか、何もしないという生き方で良いのか、源すらも幻想なのかどうかは、わたしの人生においてわたしが自分で知っていくことで、誰かの言葉を鵜呑みにして、虚しくなる必要はないのです。

このご質問をいただいた時に、わたしは「自分でそれを知っていく、気付いていく楽しさがあります」とお答えしました。

わたしはご質問によって気付きました。

わたしがお伝えすることからあなたは何に気付きますか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。